Nintendo Switchにアーケード版スーパーマリオブラザーズ配信されました。価格は823円(税込)。

え?ファミコンのゲームなのにアーケード版?と思われる方もいるでしょうが、業務用基板「任天堂VS.システム」向けに作られたゲームです。

FC版スーパーマリオブラザーズとの違いはこちら。

・ステージ内容はファミコン版『1』をベースに『2のものも混ぜられており、コインエクステンドも100枚以上 *2 に設定できるなど、アーケード向けにいろいろ手が加えられている。

・エンディングの内容が2と同様になっており、エンディング終了後はそのままゲームオーバーになる


など、いくつかの変更点があるようです。

VSというからには対戦モードなどあるのかと思いきや、競う要素はスコアランキングのみ。どちらかというとVS向きは普通のマリオブラザーズですよね。あれはある意味対戦ゲームですから。

ソースURL:https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000003433








著名なChiptuneアーティストで知られるchibi-techが新作アルバム「Psycho Somatic Generation」をリリースしました。拡張音源などを使用しない純粋なNES音源構成と思われますが、それでもここまでの楽曲を作り上げるのはさすがとしか言いようがありません。

こちらより試聴/購入できます

chibi-techが国内で最初に大きく知られる存在になったのは、今から14年前に行われたファミコン音源でオリジナル曲を競う「FAMICOMPO」ではないかと思います。これはまだChiptuneという言葉が一部のコアな人間にしか知られていなかった時代に行われた投票形式の音楽投稿イベントで、chibi-techは圧倒的な投票率で優勝しました。

ちなみにその時の優勝した曲はこちら。これホントにファミコン音源か?と耳を疑うクオリティ。




あれから14年。現在もご活躍されているのはファンとしてうれしい限りです。





image



ゲームインパクトでは元テクノスジャパン グラフィックデザイナーのKon(緒方コウジ)氏とのコラボで「くにお」、「りき」、「しんじ」、「みすず」、「さぶ」の5人がそれぞれ描かれたファミコンカセットを販売。さらに5種コンプリート特典としてサイン色紙を限定3名様にプレゼント!

image-3-300x300

image-2-300x300

image-1-300x300

色紙サイズ:13.5cm
×12cm(ミニ色紙)

海外でも根強いファンが多いくにおくんシリーズ。初代はいわゆる「ベルトスクロールアクション」の元祖といわれる作品で、そのシステムは翌年発売ののダブルドラゴンに上手く引き継がれています。ファミコン版も面白いですが、ぜひアーケード版も機会があればプレイしてみてください。

ゲームセンター版は操作方法が独特で、右の敵には右ボタン、左の敵には左ボタンと体の向きに関係なく攻撃します。これは初代ダブルドラゴンでは無くなりましたが、なぜかダブルドラゴンIIで復活します。それにしてもくにおの倒れ方はダブルドラゴンにそのまま引き継がれているのね。

ソースURL:https://www.gameimpact.info/kon/





↑このページのトップヘ