グッズ

product_img_f_9912749

オリジナルデザインのTシャツを販売しているTシャツトリニティよりATARIのロゴのパロディTシャツが販売されています

かつての海外ゲーム老舗メーカー「ATARI」のロゴをもじって、ATARI(当たり)の反対HAZURE(ハズレ)をアイデアの基調とし、ロゴも上向きを反転して下向き、色も赤に対して青と正反対の要素をデザインに取り入れています。

 

本家ATARIのロゴはこちら
1853528_1

多少レトロゲームに詳しい方なら見ただけですぐにTシャツの意味もわかりますが、知らない人から見たら単なるデザインTシャツとみられるだけかもしれません。もちろん、本家ATARIロゴのTシャツも海外で購入できます。





ちなみにATARIの社名の由来は創業者のノーラン・ブッシュネルが囲碁に造詣が深く、囲碁用語のアタリ( 相手の石を完全に囲んで取る一歩手前の状態)から命名したといわれています。




他にも海外で社名に日本語を使っているゲームメーカーが有名所でもう一社あります。ZenSTUDIOSというメーカーでデジタルピンボールゲームを開発しています。名前の由来は「仕事も生活も禅の精神に基づいて行う」という信念からつけられたものです。












ソースURL:https://www.teepublic.com/t-shirt/1853528-atari-logo-red

image



ゲームインパクトでは元テクノスジャパン グラフィックデザイナーのKon(緒方コウジ)氏とのコラボで「くにお」、「りき」、「しんじ」、「みすず」、「さぶ」の5人がそれぞれ描かれたファミコンカセットを販売。さらに5種コンプリート特典としてサイン色紙を限定3名様にプレゼント!

image-3-300x300

image-2-300x300

image-1-300x300

色紙サイズ:13.5cm
×12cm(ミニ色紙)

海外でも根強いファンが多いくにおくんシリーズ。初代はいわゆる「ベルトスクロールアクション」の元祖といわれる作品で、そのシステムは翌年発売ののダブルドラゴンに上手く引き継がれています。ファミコン版も面白いですが、ぜひアーケード版も機会があればプレイしてみてください。

ゲームセンター版は操作方法が独特で、右の敵には右ボタン、左の敵には左ボタンと体の向きに関係なく攻撃します。これは初代ダブルドラゴンでは無くなりましたが、なぜかダブルドラゴンIIで復活します。それにしてもくにおの倒れ方はダブルドラゴンにそのまま引き継がれているのね。

ソースURL:https://www.gameimpact.info/kon/





↑このページのトップヘ